パソコンで作曲とかしてます。

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤマハ&スタインバーグ EXPO2011 レポート その3

<<   作成日時 : 2011/08/30 16:54   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

記事が長いという理由だけで、
内容が分断され、連載化となった(笑)
「ヤマハ&スタインバーグ EXPO2011 レポート」
ですが、今回で最終回です。
それではレポートその3いってみよー!
画像

イベント・オフィシャルページ↓
http://jp.yamaha.com/events/yamaha-steinberg/

画像

この日、たくさんのイベントがおこなわれていたのですが、コレをお目当てに来られていた方もきっと多かったのではないでしょうか。クラブ系の人気アーティスト「DE DE MOUSE」氏の登場ですーー!パチパチパチパチ。
http://dedemouse.com/

画像

10年ほど前からCUBASEを愛用しているということで、CUBASEの画面を大型スクリーンに映し、自身のプロジェクトファイル(曲のデータ)を大公開されていました!DE DE MOUSEの曲のデータが覗けるなんて、とっても貴重でしたね〜。
画像

また、DE DE MOUSE独特のあのメロディーラインがどのように作られているのかという、ネタばらしまであったんです。他にも「そうやって作ってたんだ!」という必殺テクニックが惜しげもなく披露されていました。見た人はラッキー!

画像

画像

その後はライブ!
テクノ、ブレークビーツ、ドラムンベースなどなど、様々なクラブミュージックの要素を取り入れつつ、オリジナリティー溢れるメロディー、コード感で、すごくカッコいい音でした!VJの方も参加していて、音とリンクした映像がこれまたナイス!!



こちらはプロダクトスペシャリスト松村勝氏によるiPadとTENORI-ONを使ったステージ。
画像

ヤマハの新商品で、iPad / iPhone / iPod TouchとMIDI機器を接続することができるMIDIインターフェース「ヤマハi-MX1」と、同じくヤマハからリリースされているアプリ「Keyboard Arp & Drum Pad」と、「Faders & XY Pad」が紹介されました。これらがあれば、iPad / iPhone / iPod TouchがMIDIキーボード、アルペジエーター、ドラムパッド、フェーダーコントローラー、X-Yパッドになるというスグレもの!!CUBASEのインストールされたコンピューターと接続され、ソフトシンセサイザーのコントロールが実演されました!

画像

他にもiPad / iPhone / iPod TouchがTENORI-ONになっちゃう!というアプリ「TNR-i」の紹介や、実機のTENORI-ONを使ったライブもありました!TENORI-ONっていろいろな可能性を秘めているおもしろい楽器ですよね〜。知らない人は動画投稿サイトなどで、チェックしてみて。おもしろいから!ちなみにvan vanでは展示があるので、試奏もできますよ!

画像

画像

画像




次のステージが始まるまでの間、展示ブースに戻っていろいろサードパーティープラグインをチェックしていよっかななんて思いながら、ホールを出ると人で溢れかえってる!!?
画像


画像

ホール脇には長蛇の列まで!?な、何事か!と思えば...

17:30〜のコレです。
画像

メインディッシュが控えておりました。
TKですよ!
TK!

日本のシンセサイザー&打ち込み音楽シーンに多大なる影響を与えたアーティスト「小室哲哉」氏の登場ですっ!!

残念ながら、ここでの写真撮影は禁止ということで、画像はありません。
ちなみに本家ヤマハのホームページでは画像付きのレポートも掲載されてます。
こちらも合わせてどうぞ!
http://jp.yamaha.com/events/yamaha-steinberg/2011/
ってゆーか、こっちの方が断然詳しく載ってますよ(爆)!

ビッグネームの登場に会場は盛り上がりまくり!
MOTIF XFとMOXを駆使した大興奮のライブと、ヤマハ伊藤章悟氏の司会進行によるとってもレアなトークが楽しめました。
個人的には、ヤマハDXシリーズやEOSシリーズなどの歴代シンセの話や、TM NETWORK時代の話などが聞けて、すごく楽しかったです。
ちなみにこのとき僕は、小室哲哉がきっかけでシンセをはじめたというGakushiさんと隣同士の席に座り、二人で盛り上がってました(笑)!まるで十代の頃のシンセキッズに戻ったカンジで、年甲斐もなく、はしゃいじゃいましたね(笑)。

小室哲哉氏がヤマハのデジタル楽器イベントに登場するのはなんと、15年ぶりということで、貴重な時間を過ごさせていただきました。今回のブッキングを実現させたヤマハスタッフのみなさん、ナイスです!ありがとうございました。


これにてイベントは終了!

最先端のデジタル楽器&ソフトウェアの音の良さを堪能し、テクノロジーに驚き、
たくさんのシンセ&DAWユーザーが楽しめるすごく良いイベントでした。

古くは打ち込み音楽の誕生だったり、昨今ならボーカロイドのブレイクなど、楽器メーカーが新しい技術を開発、商品化することで新たに生まれる音楽というのは実はたくさんあるのではないでしょうか。

ニワトリが先か、タマゴが先かなんて言葉もありますが、現在ある音楽の中の革新的なサウンドは、実は、演奏家、作曲家ではなく、楽器メーカーが産んだとも言えるかもしれません。

とくにデジタル楽器やDAWの分野は、このような技術と密接だと思います。僕たちが新しい音と出会え続けられるためにも、これからもヤマハ、スタインバーグをはじめとしたメーカーには期待したいです。


楽しみにしてますよーーー!

今回足を運べなかった方、今後このような機会があったときは絶対行った方がいいですよ。ヤマハではこのような大きなイベントから、もっとライトなセミナーなど、いろいろなイベントをおこなってますから、イベント情報はまめにチェックです!→http://yamahasynth.typepad.jp/event_jp/





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヤマハ&スタインバーグ EXPO2011 レポート その3 パソコンで作曲とかしてます。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる